株式投資とは?一から始められる基礎知識を解説!

株式投資

「始めている人が多いけど、よく分からないから踏み出せない・・・」
「ネットで調べても難しくて、情報も飛び飛びで分からない!」
「貯金だけじゃなく、せっかくなら運用したい!」

老後資金のニュースも流れる今、このように思われる方も多いのではないでしょうか?

実は株式投資は、初心者でも始めやすく、とても運用しやすい方法です。
貯金が苦手だった私も、今では月5万円ずつ積み立てられています!

ぽんたまる
ぽんたまる

仕組みを理解すれば、あとは自動で積み立てられるから簡単!

そこで本記事では、まず「株式投資の基礎知識」について、分かりやすく解説します。

株式とは?

株式とは「企業が資金を集めるために発行する証券」です。

株主とは「株式を購入した個人・企業」です。


企業が活動するためには、多額の資金が必要です。
個人・企業に購入してもらうために株式が発行され、購入者は「株主」になります。

株主になると、発行元の企業において、定められた権利を持つことができます。

ぽんたまる
ぽんたまる

よく聞く「株主優待」もこの権利の一つだね!

株式投資とは?

株式投資とは「株式の仕組みを活用した投資の種類」です。

株式投資で資産を運用するためには、主に「配当金・売却益」の2つの要素があります。

配当金

配当金とは「企業が事業で出した利益の一部を、株主へ還元する金銭」です。
証券用語ではインカムゲイン(Income Gain)にあたります。

保有する株式・株数に応じて、企業から金銭を受け取ることができます!
ただ企業によっては、支払わない株式、利益が出なくても支払われる株式もあります。

配当金は決算・中決算に合わせて、年1回または2回で支払われることが多いです。

ぽんたまる
ぽんたまる

配当がない会社は、利益を企業の成長に投資していることが多いよ!

売却益

売却益とは「株式を売買して、その差額で得られる利益」です。
証券用語ではキャピタルゲイン(Capital gain)にあたります。

Appleの株価(Googlefinance参照)

株式の値段は一定ではなく、1株あたりの価値が常に変動しています。
株式が安い時に購入し、高い時に売却することで、その差額で利益を得られます!

逆に購入時よりも安い時に売却すると、損をしてしまうことになります。

投資信託との違い

投資について調べていると、よく「投資信託」という言葉も一緒に出てきませんか?
右も左も分からない頃、別名か何かだと思っている時期が私にもありました・・・。

投資信託と株式投資の大きな違いは「運用する人」です!

投資信託では、専門家が運用し、専門家が選んだお勧め株式セットを購入します。
株式投資では、私達のような個人が運用し、自分で株式を選んで売買します。

投資信託:専門家が選んでセットにしてくれる。よく聞くS&P500などが該当します。
株式投資:自分で選んで購入、任意で売却する。日本株はいい投資信託がないので自分で選んでいる人が多いです。

それぞれの特徴を把握して、自分の意向にあった方法を選びましょう!

株式投資の始め方

最近はネットで開設手続きができるところも多く、簡単に始められます!
ざっくりとした流れは共通で、各社、初心者にも分かりやすくガイドしてくれます。

株式投資を始める流れ
  1. 証券口座を開設
  2. 開設した口座に入金
  3. 株式を選んで購入注文
  4. 取引成立

開設した口座に入金したら、ここから株式の売買が始まります!

株式を売却する時も、上記3~4のように、売却注文をしてから取引成立となります。
その場合は「約定日」の株価に従った金額が、「受渡日」に口座へ振り込まれます。


ここで「どこで証券口座を開設するのか」がポイントです!

各社、手数料・取り扱い証券の種類などのメリットがそれぞれ異なります。

店舗で開設

街中の店舗に行くと、対面で説明・開設手続きをしてもらえます。
特に「ネットだけでやり取りするのは抵抗がある」という方にはお勧めです。

また開設手続きだけではなく、専門家の観点から直接お勧めの銘柄を教えてもらえるので、「自分ではどうしても調べきれない!」という方にもぴったりの方法です。

ただし、手数料が高いものを勧められたりするので多少の警戒心はあったほうが良いです。

ネットで開設

「ネット証券」と呼ばれる証券会社です。

特徴は何と言っても、手数料が抑えられる点!
そしてネット環境があれば、どこでも簡単に開設できる点も優れています。

私個人としては、スキルを身につけられて、種類も豊富な「ネット証券」がお勧めです!


参考までに、代表的なネット証券を下表にまとめました。
手数料・外国株の種類・投資信託の銘柄数を記載しています。

お得なポイント制度もあるので、よく確認してから選びましょう!

~10万円~50万円~100万円外国株投資信託
楽天証券99円275円535円6ヵ国2,659銘柄
SBI証券99円275円535円9ヵ国2,709銘柄
LINE証券99円275円535円34銘柄
松井証券0円0円1,100円1ヵ国1,584銘柄
マネックス証券110円495円1,100円2ヵ国1,247銘柄
2022年6月時点



本記事では、株式投資を始めるためのスタートライン、基礎知識を解説しました。

理解さえしてしまえば怖くない!!
思い立ったが吉日、さっそく今日から始めてみましょう!



コメント

タイトルとURLをコピーしました